筑紫野南教会のあゆみ     



1.正式名称  日本バプテスト連盟 筑紫野南キリスト教会
2.教会の沿革
  
  2001年4月  筑紫野二日市キリスト教会から株分け方式により10名で筑紫野南伝道所発足。JR原田駅より徒歩3分の事務所を賃貸して礼拝、諸集会を守る。
       
  2005年2月  JR原田駅から徒歩10分程の現在地を購入。8月末、教会堂完成。9月より新会堂にて礼拝開始。

  2013年5月19日 (ペンテコステ)  筑紫野二日市キリスト教会から独立、
            正式名称を日本バプテスト連盟筑紫野南キリスト教会と変更する。
    
                
          現在会員:35名。 主日(日曜日)礼拝平均出席者数(32名)


3.歴代牧師および説教者

  発足当初から現在に至るまで無牧師であるものの、斎藤剛毅協力牧師と梅木光男兄(発足時は伝道所代表)がそれぞれ月1回の説教を担当し、

  その他の主日(日曜日)は福岡地方連合および近隣の教会・伝道所の牧師により礼拝説教の奉仕を頂いてきた。

  2007年度からは、斎藤剛毅牧師が月2回説教を担当することが出来るようになった。これは、福岡女学院院長辞任後、心臓バイパス手術が成功し、

  健康状態が良くなったためである。

  2008年度には、1年間、鬼塚諌神学生(現若松バプテスト教会牧師)にも説教奉仕を月1度お願いした。2009年度からは、第5主日は説教の代わりに、

  教会員による証しと賛美の礼拝になっている。2010年10月からは、田村禎之兄が2ヶ月に1度説教奉仕に加わり、梅木兄と交互に担当することとなった。


4.現在の取り組み

  発足当初より、毎月1000枚の伝道紙「ぽぽ」と共に教会案内ちらしを地域に手分けして配布している。

  2010年4月より聖歌隊が発足した。毎週金曜日午後の練習には、ノンクリスチャンも加えられて楽しい賛美のひと時となっている。

  2010年10月より、ホームページを開設した。

  2012年よりフラダンス教室を行っています。










inserted by FC2 system